スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR仙石線 キハ110

dc1.jpg
キハ110-243+キハ110-237

仙石線・陸前小野-石巻間で運行しているキハ110系。
仙石線は本来全線電化路線でありますが、震災の影響で高城町-陸前小野が不通となったため南北で路線が分断されることとなりました。

北側で復旧した陸前小野-石巻間は架線柱は立っているものの、電化設備の被災などの影響でディーゼルカーによる暫定運行が行われています。
車両は元々陸羽東線・西線用のキハ110系。同路線用の専用カラー車がそのままの塗色で運用されています。
ピーク時には4両編成で、昼間は2両編成でといったように、205系ではできない編成長を変えて運行しているのも特徴です。

仙石線での運行にあたって行き先表示が追加されましたが、石巻線など周辺の路線の行き先も追加されている模様です。

daiko1.jpg
みちのく観光 宮城200あ・111 / 宮城230あ・115

矢本-松島海岸間で運行している仙石線代行バス。
写真のみちのく観光のほか、ミヤコーバスやJRバスなど複数の事業者(主に貸切部門)が運行にあたっています。

掲載した写真は石巻17:15発仙台方面の4両編成に接続する代行バス。
列車4両に対しバス2台では輸送力に差がありすぎるのでは…と思いましたが、2台とも満員乗車でギリギリ捌いているといった印象でした。

なお、あおば通-高城町間は従来通り205系4両編成を用いて運行されていて、こちらは快速列車なども震災前と同様に運行しています。


おまけ
sensekim2.jpg
205系M2編成

昨年3月に石巻駅で撮影した205系マンガッタンライナー。
ちょうど一番上の写真でキハ110が止まっている場所と同じホームになります。


仙石線は2015年内に高城町-陸前小野間の復旧および全線開通が予定されています。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【JR仙石線 キハ110】

キハ110-243+キハ110-237仙石線・陸前小野−石巻間で運行しているキハ110系。仙石線は本来全線電化路線で

まとめ【JR仙石線 キハ110】

キハ110-243+キハ110-237仙石線・陸前小野−石巻間で運行しているキハ110系。仙石線は本来全線電化路線で

コメント

非公開コメント

プロフィール

セバ

Author:セバ
気になるバスやHP未掲載車両を紹介します。時々鉄道や他の乗り物ネタも…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
リンク
つぶやき
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。